2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ

« 「言の葉の庭」にハマる。 | トップページ | 今季 2019-2020 も雪ミク市電登場! »

2019年11月 2日 (土)

「If Tomorrow Comes」 / NOA

お気に入りの CD の紹介です。
機会があれば是非どうぞ。

Cd_noa_if_tomorrow_comes

 NOA というグループの快心の 1 枚です。

 NOA という名前は既に誰かの CD の解説等で見掛けていたのかもしれませんが、記憶が定かではありません。
聴くのは今回が初めてになります。

 プログレという名前が見え隠れするジャンルでは、曲はもとよりタイトルも抽象的で難解だったりすることが多いものですが、このアルバムではどれもシンプルで、しかもきちんと邦題も付いているあたりが、この人達の誠実さを窺わせます。

 で、彼らの音楽の特徴は、他のグループに喩えるのもナンですが、キャラクタ的には SIDE STEPS に近いと思います。

 SIDE STEPS 同様、各(楽器)パートとも非常に手数が多いだけでなく、ほぼ全曲壮大なスケールで構成されており、メロディもとにかく美しくて、聴けば聴くほど更に虜になってしまいます。

 これは勝手な想像ですが、彼らもまた '80-'90 年代の同系の音楽の影響を相当受けていると思われ、それらへのオマージュもあるのでしょうが、あまりセールスを意識しているとは思えない(賞賛の意)こだわりの作曲と奔放なプレイが結果として、極めて完成度の高いアルバムに結実したのではないかと思います。


 収録曲は全てが素晴らしいのですが、その中での私の一番は「台風一過」です。

 イメージとしてはそのものズバリなんでしょうけど、私にはただただ切なく感じられて聴く度に涙が止まりません。

 SIDE STEPS の名曲「The End of Tears」とともに、これからの私の人生において心の支えになってくれる大切な曲の一つになりました。

 「台風一過」以外も恐ろしく完成度の高い作品ばかりで、私の最近のコレクションの中では「BEING & TIME」と並んで間違いなくトップにくる充実した内容のアルバムです。

 

 購入サイトではちょっとだけ試聴も可能ですので、気に入ったら是非買っていただきたい、私も断然オススメの 1 枚です!!!

 

« 「言の葉の庭」にハマる。 | トップページ | 今季 2019-2020 も雪ミク市電登場! »

音楽」カテゴリの記事