2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ

« 再生専用 MD ウォークマン MZ-E700 の話 | トップページ | フライタックルの新調ですのっ! »

2020年11月29日 (日)

「放課後ていぼう日誌 サウンドコレクション」

 お気に入りの CD の紹介です。
機会があれば是非どうぞ。

Cd_teibo_sound_track

 現在一押しの放課後ていぽう日誌のサントラです。
本編がまったりのんびり進むためか、劇伴もそれに伴い牧歌的なものが大半を占めていて、改めてじっくり聴くと、本編とは別に自分が過去に見た美しい情景が浮かんできたりします。

 また「ながら用」には勿論、車で流すと心なしか運転も大人しく丁寧になるようで気に入っています(個人の感想)。

 劇伴という立ち位置に留まることなく、櫻井美希氏の郷愁や懐かしさを感じさせるメロディは疲れた心を大いに癒してくれます。


 演奏は本格的なアンサンブルでアコースティック楽器が大半を占めており、曲によっては音数が凄まじく、ストイックでさりげない演奏の中にもプレーヤの皆さんの実力を垣間見ることができます。

 イーランパイプスやブズーキ等の民族楽器が使われていることも、その方面のマニアには見逃せません。
個人的にブズーキの音が好きなので、このアルバムでも聴けて嬉しいです。


 更に是非書いておきたいのは、ブックレットにプレーヤのクレジットがあることでしょう。
聴く側にとっては制作側の本気度の物差しになるのと楽器構成が分かるので有り難いです。

 録音も良くオーディオ的にも聴きどころ満載で、可能なら大音量で楽しみたいですね。

 

 アルバムには主要キャラ 4 人のイメージソングも収録されていますが、それぞれのキャラの特徴を捉えた内容になっていて楽しめます。
中でも特に部長の歌が好きかな~ 方言使って韻を踏んでいるのもポイント高いです。

Cd_teibo_sound_track_b


 どちらかというと「ていぼう日誌」ファン向けであることは確かですが、純粋に音楽としても充分に楽しめる内容になっていると思います。
ていぼうファンにはマストアイテムですね。

« 再生専用 MD ウォークマン MZ-E700 の話 | トップページ | フライタックルの新調ですのっ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事