2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ

« SwiftpointGT SM500 から Propoint SM600G へ | トップページ | 車庫の塗装をはじめる。 »

2021年4月 6日 (火)

PRISM (和田アキラ氏)のこと

Cd

 私が初めて PRISM の名前を知ったのは当時のドラムカタログのドラマー一覧で、記憶が曖昧ですが、多分初代の鈴木"リカ"徹さんか青山純さんだったと思います。

 その頃から既にプリズムというガラスの塊に執着にも似た思いがあったので、すぐに音楽の PRISM のほうにも興味が湧き、初めて手にしたアルバムが Dreamin' でした。

 初めて聴いた時は「なんだこれ!?」と呆気にとられるだけで、お世辞にも一聴して好きになれるような、そんなイージーな印象はありませんでしたが、折角お小遣いを叩いて買ったんだからと、繰り返し聴いているうちにどんどん深みへとハマっていきました。

 そしてポリドール時代のベストアルバムを買って、そのスクエアともカシオペアとも違うテイストに驚き、その後ズルズルと新旧のアルバムを買い漁ることになります。

 その後、音楽雑誌でよく六本木 PIT INN でのライブ予告を目にして「東京に居たら間違いなくライブ破産するな」と思っていたものです。

 その頃から既に熱心な人達はライブ遠征をしていたんでしょうけど、地方在住の私は CD で満足していました。

 当時から私はそうですが、好きだからファンクラブに入る等という考えはなく、その点では大好きだったまっさん(さだまさしさん)に対しても明らかに損をしていたと思いますが、色んな楽しみ方があっていいじゃない!みたいな、割とその辺に対する執着はありませんでした。
よく言えばドライですが単に色々なことに関わるのが面倒臭かっただけだと思います。

 

 話を戻しますが、その後 PRISM が自分の中で不動のものとなったのは、アルバム Nothin' Unusual と Live Alive Vol 2 の 2 枚です。

 この 2 枚はまぁとにかく毎日聴いていたと言っても過言ではありません。
当時はカセットテープにコピーして、ありとあらゆるところで聴いていました。

 そんなことを続けているうちに渡辺建さんが突如グループから抜けてしまいます。
いつか機会があればライブも…と思っていたのがここで絶たれます。

 建さんの曲はメロディアスなものが多くて、2nd ギターみたいな感じで和田さんに絡むところが大好きだっただけにショックは大きく、それからは新譜と向き合うことを止めましたが、数年間そんなことを続けていたのですが、ただ空しいだけと気付いてからは新生 PRISM も聴くようになりました。

 時々同窓会と称してライブ映像を提供してくれる中に建さんも居たりして、新旧関係なく楽しめるようになって良かったと思っていたのも束の間、ここ暫く音沙汰がないと思っていたら和田さんの訃報が飛び込んできました。

 以前も激痩せしていたので大丈夫かな?と思っていたら、やっぱり大病して長期入院されたそうで、退院後は少しふくよかになって「やれやれ」と思ったものでしたが、ずっと体調に問題を抱えていたんでしょうね。

 身内の死以外で男泣きに泣いたのはこれが初めてでした。

 青木智仁さん、青山純さん、松原正樹さん、松岡直也さん、深町(おやじ)純さんも逝ったし、佐山雅弘さんも、そしてあのポンタも逝ったしで、刺激や影響を受けた人達がひとりまた一人と鬼籍入りして寂しい限りですが、そこにあろうことか和田さんまで加わってしまった…。

 ここ暫くは追悼の意味も込めて PRISM のアルバムを聴くことが増えています

 和田さん今まで本当に素晴らしい音楽を有難う!
あっちの世界でもみんなで楽しくセッションやっててください。
私もそのうち行きますんで。

 謹んで故人のご冥福をお祈り致します。    合掌

« SwiftpointGT SM500 から Propoint SM600G へ | トップページ | 車庫の塗装をはじめる。 »

音楽」カテゴリの記事