2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ

旅行・地域

2019年11月30日 (土)

四谷 須賀神社 男坂 に行ってきた。

Suga_jinjya_04

 言うまでもなく映画「君の名は。」のラストで成人した三葉と瀧が再開する場所です。

 仕事場と宿泊ホテルの位置関係から、当初この須賀神社参りは予定に無かったものですが、滞在期間が 1 日伸びたために実現しました。

 丸ノ内線を四ツ谷で降りて、小雨の中を 10 分くらい歩いてたどり着きましたが、あとから考えると四谷三丁目で降りたほうが近かったような…。

 新宿通りの四谷二丁目交差点を左折すると、すぐに一番奥にこの坂が見えて身震いしました。

 確かこの通りの途中にも、二人がお互いを探し回っている時に登場する小さな十字路があったように記憶しているのですが、今回はそもそも予定に入れていなかったので詳しい資料の用意がなく、やみくもに撮るよりは本命の男坂に専念することにしました。

 地図上では起伏までは分からなくて、気のせいか都内でも私が足を運ぶようなところは、決まって昇り降りが大変なところが多いように思うのですが、ここも坂にたどり着くまで(起伏が)結構激しくて「都内に住むなら健脚が絶対条件だな」なんてことを思いながら、人通りの少ない通りを一歩一歩噛み締めるように歩いていきました。

 そして感動の対面! 陽菜ちゃんはまだ起業前なので残念ながら天気は良くなかったのですが、あのラストシーンが鮮やかに蘇ってきました。

 実際に階段を上ってみると見た目よりもわりと急で、あちこちに煩くない程度に落ちている落ち葉や、周囲の景色の雨空でしっとりとした色合いが季節感を強調させて、より印象深いものとなっていました。

 

 ひとしきり坂の写真を撮った後、本殿に参拝してお守りをいくつか買って帰ろうとすると、それまで気付かなかった絵馬掛所が目に入り、すぐに絵馬に描かれた三葉を見つけて暫く見物していましたが、普通の絵馬は勿論のこと、特に映画を見て来られた方の強い愛情-でも割と控えめな表現が多くてとっても素敵!が伝わってきて、本当に来て良かったと思いました。

 「言の葉の庭」の舞台となった新宿御苑も近いので足を伸ばしたかったのですが、結構時間が押していたので、それはまた次の機会ということで、後ろ髪を引かれる思いで帰路に就きました。

 

Suga_jinjya_01

たぶんここがあの十字路かな!?


Suga_jinjya_02

Suga_jinjya_03

Suga_jinjya_05

Suga_jinjya_06

Suga_jinjya_07

Suga_jinjya_08

Suga_jinjya_09

Suga_jinjya_10

皆さんの熱い思いが伝わってきました。

 

2017年11月20日 (月)

黒部ダムに行ってきた。

 事情はさておき黒部ダムに行ってきました。
晴れ男の面目躍如という訳にはいきませんでしたが、それでも以前「上高地」に行った時ほどの惨敗感は無く、要塞のようなその佇まいにただただ圧倒されてきました。
また、車で扇沢に向かう途中、サルの群れに遭遇したことも更に印象深いものにしてくれました。
なにしろこちら(北海道)には居ないものなので…。

 カメラも重装備してきたら(超広角があったら)…と思ったものの、これが主たる目的ではなかったので次回があればその時に撮りたいですね。

 まぁなんにしても圧倒的に凄いところでした。
国策とはいえ、これを昭和の 30 年代にやってのけたのですから本当に凄いことです。
このダム工事とそれに付随する工事に携わった全ての人達に改めてエールを贈りたいです。

171118_kurobe_dam_01

220 段+αの階段をヒィヒィ言いながら上って辿り着いたダム展望台からの眺め 雪のせいか外に出ることは出来ませんでした。

 

171118_kurobe_dam_02

堤体の奥(立山ルート)側から まさに要塞です。

 

171118_kurobe_dam_03

手だけ伸ばして撮ったもの 高所恐怖症でなくても怖いです。

 

171118_kurobe_dam_04

 

171118_kurobe_dam_05

濃緑色の湖面 ここには多分でかい岩魚が居るハズです。

 

171118_kurobe_dam_06

 

171118_kurobe_dam_07

 

171118_kurobe_dam_08

堤体の中央付近から 吸い込まれそうです。落ちたら確実に死にます。((;゚Д゚)

 

171118_kurobe_dam_09

下流側 この先に吉村昭氏の「高熱隧道」の舞台があると思うと胸が熱くなりました。私にも登山の心得があれば水平歩道を歩いてみたいと思うのですが…。

 

171118_kurobe_dam_10

 

171118_kurobe_dam_11

下流は良さ気な渓相です。改めてベストシーズンに出向いて竿でも振りたいものです。

 

171118_kurobe_dam_12

 

171118_kurobe_dam_13

 

171118_kurobe_dam_14

破砕帯の水で作ったその名も「ハサイダー」(無駄にカッコイイ!) 200 円 少々薄味でしたが美味しかったです。別の場所で飲める破砕帯の水もマイルドで美味しかったです。

 

171118_kurobe_dam_15

やはりここに来たらコレ「ダムカレー」でしょう! 緑色のルーはココナッツ風味 & 中辛で美味しかったです。

 

171118_kurobe_dam_16

関電トロリーバスの中から