2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ

日常その他

2021年6月28日 (月)

裏庭のハスカップほか

Haskapp1

 裏庭のハスカップ(クロミノウグイスカグラ)の 1cm 程の実が色付いてきました。
植えて数年はウンともスンとも言わなかったのですが、今年になってようやく花を付けてこの状態になりました。
もっとも実は全部で 20 個有るか無いかくらいなのでジャムにするには絶望的です。

Haskapp2

 ブルーベリーに比べると実は明らかに酸っぱくて生食は 1-2 個で充分ですが、その酸味のせいか、ジャムにしても小ざっぱりとしたくどくない味になります。

 以前植えていた木はかなりの大木になって毎年 500g 近くの収穫がありましたが、突然病気になって枯れてしまい、この木はそれから数えて三本目(三代目?)にあたります。

 ちなみにハスカップは札幌郊外だとたまに道道の道路脇などに自生しています。
あまり多くはありませんが見つけて場所を覚えておくと、これからの時期ちょっとした収穫を楽しめますよ。

 傍にブルーベリーも植えているのですが、こちらも例年通り沢山の実を付けています。

Blueberry1

Blueberry2


 巨木と化したコクワ(サルナシ)も順調で、四角いフェンスに絡まったツルでちょっとしたシェルターのようになっているのでスズメがよくそこで寝ています(人が二人入れるくらいのスペース)。

Sarunashi

 


Ichigo1

こちらは四季なりイチゴ


Ichigo2

2021年5月15日 (土)

車庫の塗装をはじめる。

 サビや汚れが目立ってきた車庫の塗装を始めました。
屋根のサビが酷いところと汚れが目立つシャッタは既に終わったのですが、週末に天気が続かないことと、色々試行錯誤しながらやっているので一度に処理できる範囲も限られるため、あと何回やれば終わるかは未定です。

 今までろくにケレンもしていなかったのですが、手を抜くとすぐに剥がれてきたり、サビが酷くなったりして二度手間なので、心を入れ替えて教科書通りにやることにしました。

 従来サビ取りは小型のルータや金属ブラシ等でやっていましたが、郵便ポストくらいの大きさのものでも大変なので、現在は電動ドライバにブラシの組み合わせでやっています。

 これでかなり効率化したものの、バッテリの持ちが悪くて予備バッテリが欠かせません。
それでも面白いようにサビが取れるので、これはこれでやっていて楽しいです。

 雨の日は屋内の補修を、晴れれば外と、週末もやることが増えて大変ですが、綺麗になった状態を見ると「やって良かった」と思うものです。

 業者に頼めば早くて綺麗にやってくれるのは分かりきっていますが、第一にお金の節約と、次に自分で出来るようになることが嬉しいので気長にやっていくつもりです。

20210515_1

サビの状況 作業前


20210515_3

それなりにケレンした状態


20210515_5

塗装 1 回目 (はけ塗り)


20210515_7

塗装 2 回でひとまず完了 あとは側面を塗る時にもう一度塗る予定

2020年11月 3日 (火)

裏庭のサルナシ(コクワ) 2020

 

20201103_sarunashi_1

 

 裏庭のサルナシが今年も沢山の実を付けています。

 16-17 年前に植えた小さな苗木がどんどん育って、今では幅 3m、奥行き 1.5m、高さ 3m 程の大樹となり、初夏には真っ白な花を沢山咲かせ、高い隠ぺい力を持つ枝葉は巣立ったばかりのスズメたちの避難所になったりと、我が家の裏庭では一番の存在です。

 俵状の実は霜が降りる頃になると柔らかくなって食べ頃になりますが、今日触ってみた感じではまだ果実酒向きの状態です。

 とは言っても明日には平地でも初雪になるとの話ですので、これからいっきに熟していきそうです。

 いつもは指でつまんで熟したものを 1 つ 2 つ食べてみる程度ですが、今年は少しでも多く収穫して有効活用したいものです。

 

20201103_sarunashi_2

2020年9月 6日 (日)

[完] 父親の闘病 2020/9/6

 父は残念ながら 9 月 2 日に永眠致しました。

 同日は満月、そして引き潮(22:38)に差し掛かった 21 時過ぎに、母と私が見守る中、ゆっくりと息を引き取りました。

 初めて目の当たりにした身内の死の瞬間は勿論悲しいものでしたが、同時に威厳に満ちたものでもありました。

 5 日に葬儀を終えて、やれやれと思っていたら今度は本日 6 日に母が倒れてそのまま入院となり呆然としています。

 

 ワンコは動物病院に預けているので、家には鳥 3 羽と人一人の状況ですが、なんともうら寂しいのでずっとラジオをつけて過ごしています。

 それでも近所の親戚がフォローしてくれているのでまだなんとかなっていますが、それが無ければどうなっていたか分かりません。

 

 SSM は 7 回目を申請したばかりでしたが、アンプルが届いたら一筆添えて返そうと思っています。

 手元に残ったのは 6 本で、今となっては何処まで効いていたのか分かりませんが、きっと何もしないよりは良かったのではないかと思いたいです。

 吉報をお届けしたかったのですが、結果がこうなってしまい残念でなりません。

 ガンは本当に一筋縄ではいかない病気だと素人ながら感じた次第です。

2020年5月27日 (水)

父親の闘病 2020/5/27

Ssm_type_a

 父の食道ガンには放射線が結構効いたものの CDDP + 5-FU、ドセタキセル + ネダプラチン、FOLFOX と化学療法がことごとく効かず-いや正確にはいくらか進行を遅らせることは出来ていたのでしょうが、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)は事前のテストでネガティブと判定され、頼みの綱のオプジーボ(ニボルマブ)も 3 サイクルやって効かないとの判定が下され、遂には
「もう(保険で)出来ることは全てやりました」と言われて病院を出されました。

 オプジーボを投与する際は SSM はいったん中止とされ、釈然としないながらもそれに従うしかなく、結果的に
「SSM も効いているとは思えないし…」とダメ出しされ、原発巣が増大したことで経口摂取が出来ないため高カロリー輸液で補っている状況で、それでもまだなんとか一人で身の回りのことが出来るので
「緩和ケアか療養型の病院を紹介します」と言われても「はいそうですか」と引き下がれるはずもなく、無理をお願いして、当初から気になっていたハイパーサーミアを扱っている別の病院に転院させて貰いました。

 ただここも急性期病院のため長期入院は出来ないとのことで、それでもなんとか居られる間にハイパーサーミアと SSM で少しでもガンとの共存を目指せれば、と思っています。

 転院のタイミングで SSM の継続申請をして昨日アンプルが届いたのですが、いつもは A 液 B 液の標準セットなのに対し、今回は高濃度の A 液のみのセットが届きました。

担当医への変更依頼とおぼしき書簡も同梱されており、少しギアチェンジをして様子を見よう、ということなのでしょう。

 これでなんとか少しでも良くなってくれれば、と思います。

 

2020年5月10日 (日)

SUGOI BATTERY (スゴイバッテリ)を使う。

Sugoi_battery

 赤道儀用のバッテリがダメになったので、その後継に選んだのがこの SUGOI BATTERY です。
 もっとも赤道儀のこともありますが、一昨年の地震の経験からも、災害用としてもなるべくコンパクトで大容量を!と思って探していたらこれに当たりました。
勿論、天文マニアの方々のレビューも背中を押してくれた理由の一つです。

 購入自体は昨年の 6 月頃ですが、なかなか使う機会が無く、この 3 月末にようやく出番を迎えましたが、EM-200(B) を動かすには十分なものでした。

 EM-400 でのテストはまだですが、多分赤道儀だけを動かすのであればグリグリ両軸を高速駆動しても十分余裕でいけるのではないかと思います。

 さしあたってオートガイド用のノート PC は自身のバッテリでなんとかなるとは思うのですが、概してそれもくたびれるのが早い傾向にあるので、今後はそれをどうするかと、更に冷却 CCD まで使うとなると間違いなくキツいと思うので、追加で別のバッテリも検討しなければなりません。

 もっとも、暫くは冷却 CCD は自宅前で 100V を引いて使うつもりなので、それは次のステップにしたいと思っています。

 スペックとしては 25AH の容量※で、本体サイズ 235(W)×76(D)×205(H)mm、重量 1.9kg (説明引用)と、まさに「凄い!バッテリ」です。

※公称 25AH ですが、実際に使えるのは 20AH 程度とみるのが妥当でしょう(277/12≒23)。

 

 ちなみに追加で検討しているのはセレストロンの Power Tank Lithium Pro です。
suaoki の G500 なんかも良さ気ですが、冷却 CCD にどう電源を供給するかで悩ましいところです。

 もう一つの目的である災害用途に関しては未知数ですが、それ用に出番が来ないことを願いたいものです。

 

Sugoi_battery_02

非常にコンパクトでしかも軽いです。


Sugoi_battery_03

Sugoi_battery_04

Sugoi_battery_05

USB の Type-C は付いていません。

2020年4月18日 (土)

父親の闘病 2020/4/17

 その後の経過ですが、SSM を併用しつつ、ネダブラ + ドセタキセル --> 効果なし、FOLFOX --> 多少進行を抑制!?(転移巣はやや縮小、原発はやや肥大)といったところで、ネダブラ + ドセタキセルで頭髪が抜けたものの本人は至って元気でしたが、その後の FOLFOX の副作用が強烈だったのと、再び喉も詰まるようになってきたので 2 サイクル目でついに IVH のお世話になるようになりました。

 その後オプジーボが保険適用になったので 1 回目の投与後 10 日程経ってから「せん妄」が発現して慌てましたが、主治医曰く「よくあるケース」らしく、緩和ケアの先生に対応して貰って 2 週間程で解消しています。

 その間はオプジーボも中止しており、食事もほとんど摂れない状況でしたが、せん妄から脱した現在はそれなりに食べているようです。

 現在オプジーボの 2 サイクル目が終了しましたが、まだ効果は確認できない状況です。

 本人はそれなりに元気なようですが、新型コロナウイルスの影響で面会もできず、普段は電話でのやり取りと、医療費請求の申請等の関係で時々看護師さんに会いに行く程度です。

 なお、オプジーボ単体の効果を評価するためか SSM の投与は一時中止状態です。

2020年2月11日 (火)

2020/2/8-9 SNOW MIKU 2020 イベントに行ってきた。

20200208_00

 今季もメインイベントが終わってすっかり私は腑抜けと化しています。
もっとも、昨年からの家庭の事情等もあって諸手を挙げて楽しむまではいかず、雪まつりも含めた期間中は珍しくストイックに過ごした感じです。

 いつも行動を共にしている人は、そんなこちらの事情など知る由も無く、その辺のギャップにも大いに悩まされた一週間でもありました。

 実際に 17 時半頃までファクトリーに居たのは初日(8 日)だけで、翌日はちょっと覗いただけで帰って来ました。

 今季はミクさんのライブが無かったり、バーチャル体験コーナも無かったので、そんなことも重なって余計静かな印象を受けたようにも感じています(STV ホールの抽選にも落ちたし、夜間プラネタリウムも予約が間に合わなかったし)。

 楽しみにしていた筈のスタンプラリーも当初からコンプリートは諦めていたので、振り返ってみれば、いつになく静かな終わり方でした。


 唯一印象深かったのは、ファクトリーホールに入るために並んでいた時に、後ろのアメリカ人親子と僅かながらコミュニケーションが取れたことでした。
私のつたない英語でも少しは通じたようで、改めて英会話でも勉強しようかなという気にさせられました。

 その親子は物販の列に揉まれて消えていきましたが、お目当てのものが買えたかどうかは定かではありません。


 私も欲しいものは早々にアニメイトで購入済で、ファクトリーホールではコスパのブースでキーホルダーを買っただけでした。

 全く交流は無いものの、毎年見かけるお馴染みの顔ぶれで勝手に安否確認をしたりと、いつもの人間ウォッチングを楽しみつつ、その場に自分が居るという充足感を噛み締めた一日でもありました。

 また 12 ヵ月後に皆さん元気でお会いしましょう!

 

 

20200208_01

KEI さんの描くミクさんはいつもノーブルな雰囲気が好きですね~


20200208_02

20200208_03

初日の 12:50 頃の様子 割と空いているようですが、暫く見ていると増減を繰り返していました。

 


20200208_04

満を持しての初参加 ミクレコで勝負に出た!?アイ・オー・データさん 公私共に普段からお世話になっている大手周辺機器メーカさんであります。


20200208_05

20200208_06

ステージと展示物はアトリウムが似合います。これは 9 日の様子


20200208_07

メインビジュアルを担当された、はねことさんの可愛い雪ミクさん たまらん


20200208_08

可愛過ぎ


20200208_09

ミクさんは言うまでもないですが、エゾリスが地味に可愛いです。


20200208_10

(゚∀゚)


20200208_11

ココアのブース 可愛い車両が勢揃いです。 実は手前のこのはちゅね…


20190710

栄町の道路工事でも大々的に使われていたのでした。


20200208_12

ピアプロウォールの一部 今季の衣装を手掛けられたメープルさんです。可愛い!


20200208_13

(゚∀゚)


20200208_14

キーホルダーにもなった西田ゆうさんのこれまた可愛いミクさん


20200208_15

戦利品のひとつ 安定した可愛らしさの「つままれキーホルダ」です。


 

2020年2月 5日 (水)

2020 雪ミク雪像 (2020/2/4)

20200204_snow_miku_setsuzo

 という訳で(どんなだ?)、雪まつり & SNOW MIKU 2020 初日です!
仕事もテキトーに終わらせて会社の同志と共にアニメイトに直行!

 メイト 5F の特設会場で必要なものを買い漁り、西 3 丁目から郵便局の出張販売所経由で西 11 丁目を目指して歩くものの、行けども行けども郵便局のそれが見つかりません。

 昨年の記憶を辿りながら「確かこの辺だったなぁ」と思いつつもついに見つけられず、そのまま 11 丁目まで行ってササッと写真を撮って戻ってみると、2 丁目会場で目指していた郵便局を発見!

 閉店ギリギリで切手シートを確保して本日はお開きとしました。
引っ越したならそうと言ってよ!と思いつつも、事前に確認しなかった自分が悪いのです、はい。

 例の新型コロナウィルスの関係で人は少ないかな?と思いましたが、確かに中国語らしき言葉を話している人は少なめで、その分他の言語の人達が目立ちました。
昨年の初日よりは確かに人は少なめの印象でした。

 なお、効果の有無はさておき、マスクはして歩いたほうが無難です。

 明日以降は他の雪像見物でまわる予定です。

 

20200204_snow_miku_setsuzo2

手前でくるくるまわるユキネが可愛いです。

 


20200204_snow_miku_setsuzo3

 


20200204_snow_miku_setsuzo4

 


20200204_snow_miku_setsuzo5

画像はニコン D3100 + シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM 使用

 

2020年2月 4日 (火)

2020 雪ミク雪像 (2020/2/3)


20200203_snow_miku_setsuzo

 雪まつり前夜ということで偵察に行ってきました。
西 11 丁目会場の雪ミクさんの雪像はまだ仕上げ中のようでしたが、今季も間違いなく可愛いですよ!

 他にダヨーちゃんやテトさんの小雪像も見つけましたが、まだ立ち入り禁止の場所が多く、全てを把握することはできませんでした。

 また 4 日の夜に行ってみます。

下は動画ファイル(小)です。

 

 

20200203_snow_miku_setsuzo2

 

20200203_snow_miku_setsuzo3

 

20200203_yukimiku_lawson_west11

近くのローソンもラッピング仕様です。

 

最初の静止画と動画はソニー HDR-CX630 他はニコン D3100 + シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM 使用

 

より以前の記事一覧